首イボにも種類があるのをご存知でしょうか?
どのような種類があるのか、そして、どのような特徴を持つのかなど、それぞれ詳しくみていきましょう。

-首イボの種類
それでは、早速、首に発生するイボの主な種類をご紹介いたします。

▼老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)
お肌の老化が原因でできる老人性のイボです。
首だけではなく、顔など全身のどこにでも発生することがあります。
早い方で30代くらいから発生し、80代以上に突入すると、ほとんどの方に発生すると言われています。

原因としましては、加齢などによってターンオーバーが乱れてしまうことです。
なぜ、乱れるのかと言うと、加齢によって、お肌に必要な成分の分泌量が下がってしまうからです。
ターンオーバーが乱れて、老廃物がきちんと排出されなくなると、不要な角質がどんどん溜まっていきます。
そして、固くなって、やがてイボとなってあらわれるのです。

この角質が固くなるタイプの首イボは、角質粒とも呼ばれており、褐色であることが多く、ポツポツと盛り上がっています。

UV対策を行いつつ、肌に必要な成分をスキンケアアイテムやサプリメントなどで補うようにすることがおすすめです。
また、なめらかにするためには角質ケアも効果的です。

▼アクロコルドン
覚えにくい名称ですが、ポピュラーな首イボです。
良性の腫瘍です。

見た目は、小さく、突起も激しくないことから、あまり目立ちません。
やや褐色ぎみのものが多いです。

よく見ないと気づかないことが多いのですが、広範囲に渡って発生することもあります。
そうなると気になってしまうかと思います。

アクセサリーや衣服などで摩擦して、ダメージを与えてしまうことや紫外線の浴び過ぎが主な原因です。
UVケアをきちんと行って、摩擦などの刺激をなるべく与えないようにして予防しましょう。

▼スキンタッグ
良性の腫瘍です。
無色(肌色)の場合もあれば、褐色や黒色といった有色な場合もあります。
3ミリ程度であることが多く、突起しているのが特徴です。
しかし、3ミリを超えると悪性である可能性がありますので、大きい場合には必ず皮膚科で診察してもらってください。
悪性かもしれない状態で放置しておくのは危険ですので、絶対におやめください。

原因としましては、加齢や紫外線、摩擦によるダメージなどがあります。

若い方でも発生しやすい種類の首イボですので、日々対策をとりましょう。

あまり目立たないので気になりにくいとは思いますが、放置しておいても、基本的には治りません。
もし、発生してしまったら、角質ケアを行ったり、皮膚科などで治療してもらいましょう。

などがあります。

首イボにも様々な種類があるのですね。
しかし、基本的には、ターンオーバーを整えておくことが最大の予防となりますので、乱れる原因を作らないよう対策をはじめましょう。
また、普段から角質ケアや美肌に必要な成分を補うようにしておくことも大きな予防方となりますので、ぜひ試してみてくださいね。