一度発生したら、放置しておいても基本的には治らないのが首イボです。
イボがあるというだけで、年齢を感じさせてしまうこともあります。
若々しい印象を保つためには、是が非でも、首イボが発生しないようにしたいものですよね。

そこで、首イボがなぜ出来てしまうのか、その原因について調べました。
原因を知って、予防につなげましょう。

-首イボが出来てしまう原因
いくつもの原因がありますが、主だったものを3つ上げます。
ほとんどの場合、この3つが要因となり、発生しています。

①紫外線
紫外線はシミの要因では? と思ってしまいますが、実はイボを発生させる原因にもなってしまうのです。
どういうことかと言いますと、紫外線を必要以上に浴びてしまうと、メラニン色素が過剰に生成されてしまうなど、異常状態が起きやすくなります。
結果、ターンオーバーが乱れてしまうことに繋がる恐れがあるのです。
ターンオーバーが機能を損なうと、古くなった角質がきちんと排出されずに蓄積されていきます。
それらは、やがて、重なり、固くなっていって、イボとなるのです。

つまり、紫外線対策を行っておけば、イボの発生を防ぐことに期待ができるというわけです。

夕方や雨の日でも紫外線は空気中に存在していますので、油断なさらず、常に対策してくださいね。
日焼け止め自体が肌に合わない、という敏感肌な方もおられるかと思いますが、敏感肌用のノンケミカルタイプな日焼け止めなどもありますよ。

②摩擦
皮膚の表面を摩擦することによって、皮膚がダメージを受けます。
そして、そのダメージは少しずつ蓄積されていってしまうのです。
ダメージが蓄積されると、ターンオーバーが乱れやすくなります。
紫外線による影響同様、ターンオーバーが乱れてしまうと、角質が溜まっていき、やがて首イボになる可能性があります。
ですので、摩擦しないように注意しましょう。

日常生活で摩擦が生じやすいシーンは、
・入浴時…体を洗う際に、あまり意識しないで首周りを擦ってしまうと、力が入り、ダメージを与えてしまうこともあります。
ゆっくり、優しく洗うようにしてください。
また、ボディブラシやタオルは、皮膚を傷つけにくい素材のものを選ぶようにしましょう。

・マッサージ…肌にいいはずのマッサージですが、やり過ぎてしまうと反対に負荷をかけることとなります。
マッサージの最中に痛みを感じた場合は、すぐに中止しましょう。
また、直接、手と首の皮膚が触れてしまわないよう、マッサージクリームやオイルなどを使うようにしましょう。

・スキンケア…こちらも、ついつい、こすってしまいそうになるものですが、スキンケアのときは、力を加えずに優しく塗ってください。
ゆっくりとプレスするのもいいですよ。

・衣服による摩擦…タートルネックや襟のあるシャツなどを着用しているときは要注意です。衣服がこすれてしまい、摩擦が生じることがあります。
こすれやすい形状の服や、こすれた際に刺激を感じるような素材のものはなるべく避けるようにしてください。

などがあります。
くれぐれもご注意くださいね。

③乾燥
乾燥することでも、首イボができることがあります。皮膚がバリア機能を失うため、ダメージが与えられてターンオーバーが乱れやすくなるのです。
潤いを絶やさないよう、保湿効果の高いスキンケアアイテムを選ぶ、加湿器などで湿度を保つといったことでも乾燥を緩和できますのでぜひ試してみてくださいね。

対策をはじめて、予防しましょう。